ランドセルの色で後悔しましたか?実は子供に自分で選ばせると後悔しない!

ランドセル選びの悩み

ランドセルの色で後悔した…というお話は毎年のように出てきます。今は様々な色が選べるようになり、自由度が増しました。と言っても親としてはいじめのことだとか、流行りのことだとか、飽きるんじゃないか?とか様々な心配が付きまといます。
じゃあ、ランドセルの色は何を基準に選べばいいの?と
そこで「ランドセルの色選びのお悩み」について、かつてラン活を経験した先輩ママさんにアンケートからまとめてみました。

ランドセルの色について後悔したことありますか?

ランドセルを購入したのはいいけれど、色が気に入らない!と言い出さないか?
最近は早期予約が多いため、手元に届いた時に選んだ色が気に入らないんじゃないか?…親としてはそこのところが一番の心配ですよね。
特に茶色とかチョコレート色なんか良さげなんですが、実物を見たら後悔したりってないのでしょうか?

そのランドセルの色について、アンケートを取ってみると代表的な答えがこれだったんです…(男の子のお母さんの回答)

落ち着いた青色のランドセルを購入しました。ランドセルと言えば赤と黒だったので、黒のランドセルを購入しようと思っていたのですが、嫌がったため、選ばせると、青色のランドセルを購入しました。本人が気に入っていたのもあって、そのあとに買い替えるということもありませんでした。

(男の子のお母さんの回答)

そうなんです!自分が選んだということもあって、後から気に入らないといったトラブルや後悔したといった答えが意外なほど少ないのです。

意外にも子供が自分で選ぶと後悔しない!

アンケートを集計していて感じたのですが、黒や赤の定番色を選ばなかった子供たちは総じて「途中で飽きた」とか「実物が届いてから気に入らない」といったことがないように感じました。

ピンクのランドセルを張り切っておんぶ!

少し光沢のある明るいピンクを買いました。

まだ小2ですが、メーカーは同じでも色は誰とも被らず気に入っています。この4月から黄色いカバーを外して全面ピンクが見えるようになり、ますます張り切っておんぶして行っています。

(女の子のお母さんの回答)

ローズピンクを購入しました。
周りの子たちは赤が多かったので特別感があってとても気に入ってました。
ただ、本革の物を買ってもらったので、少しずつ革が剥がれてきてしまい、剥がれるたびにショックを受けてました。でも気に入らないと思ったことは1度もありませんでした。
選ぶときはまだ年長さんでも、実際にランドセルを背負う頃は小学生ですし、それからも成長していきます。やはり成長に伴って責任感も生まれてくるという傾向があるようです。

(女の子のお母さんの回答)

子供は日々成長します。幼稚園や保育園だからと思っていたら…意外なところで成長を感じたりするのです。

なんで茶色のランドセルじゃダメなの?

中には、自分で色を選ぶ際にこんなしっかりした子もいました…

本人が茶色を選びました。
私は、赤が良かったので反対しましたが、
「お母さんは自分が使うバッグは茶色を買うのに、私が使うランドセルは何故茶色じゃダメなの?」と言われ本人の希望の茶色を購入しました。今でもとても気に入っております。

(女の子のお母さんの回答)

小さな自信や責任が芽生えているのです

幼稚園や保育園に通っているから、まだまだすぐに飽きちゃうとか、忘れてしまうとか思うかもしれません。でもそう思うのは親の勝手な思い込みです。
彼ら彼女らには小さいけれど、自信や責任が芽生え始めているのです。それは、成長するために大事な自尊心とか自己肯定感につながるはずです。
知らない間に心の成長は進んでいるんですよね。心配はあるかもしれませんが、ランドセルの色選びは一度任せてあげてはいかがですか?

変わった色のランドセルは目立ち過ぎ?

それでも気になるのは、子供に選ばせた時にとんでもない色を選ぶんではないか?という心配です。

本人が自分でターコイズブルーを選択しました。
私達が住んでいる地域の学校ではあまり見ない色だったので親の私達は多少心配でしたが、自分自身で選んで納得して決めた色なので、幸いな事に今のところ気に入らないと言う言葉は聞いた事がありません。
現在5年生になりましたが、自分で選んだ同じランドセルを使用して通学しています。
他にもピンクやオレンジ、カラフルな縁取りがあるランドセルの子もいたので、心配していたほど目立ちすぎる事もなく、特に問題はなかったと思います。
色が薄いブルーなので少し汚れが目立ちやすいかも知れませんが、軽く拭くと取れるような汚ればかりだったのもあり、特に困るほどではありませんでした。

(女の子のお母さんの回答)

ターコイズブルーというのは、明るい緑がかった青色ですね。
やはり変わった色ということで、目立つことを気にされてたようですが、すでに周囲はカラフルなランドセルが多くあったために、気にすることもなかったようです。
パープルのランドセルなど以前は「?」という色でも、今では普通の色だったりしている例もありますしね。
色が薄い事については、目立つかどうかよりも汚れを気にされる人が多いようですね。

変わった色のランドセルは、いじめられない?

またランドセルの色を悩む原因として、いじめられるんじゃないか?ということがあります。
これはその地域の傾向を見る必要があります。例えば、通う予定の学区ではどんな色のランドセルが多いのか?カラフルなものが少ない地域であれば、変わった色が目立つ可能性があります。

地域の傾向を見る簡単な方法としては、登校時間に通学路を見て判断するという方法があります。
現代は集団登校が基本ですから、登校時の20分程を確認するとある程度の傾向と流行りも見えるでしょう。

ランドセル,女の子,小学生,ランドセルカバー

かわいい色は、高学年になってから後悔しない?

かわいい色のランドセル、一年生の時はとても似合ってたけど、高学年になった時はどうなんでしょ?
結構先のことを気にしてしまうのが親なのです。でも、お母さんがうまく誘導すると親子共々納得のランドセル選びができるという意見がありました。

空色を注文しました。ランドセルを購入する前に様々なカタログを集める中から、「この色が良い」と娘自らが選びました。
私としては昔からある赤の方が飽きがこなくていいのではないかなと思ったのですが、実際に6年間使うのは娘自身ですし、娘の選択に任せました。
念を押して決めさせたせいか、まったく問題なく6年間を過ごせました。「空色でよかったよ」と気に入っていたようで、問題は全くありませんでした。

もっとも、高学年になると子供っぽいものは飽きるというので、それを考えて、購入する際にデザインは少し大人っぽいものをすすめたのが良かったのかもしれません。

(女の子のお母さんの回答)

ランドセルを選ぶ時一番気になるのは色でしょう。ですが、実はデザインも同時に気にした方がいいのです。なぜなら変わった色であっても、ベーシックなデザインであれば高学年になってもしっくりくるからなのです。
子供は色にばかり目がいきがちですから、お母さんは同じ色の他のデザインに目配りしてあげてください。そうすれば、双方納得のランドセル選びができるはずです。

ランドセルで後悔しない選び方は「色」よりも「デザイン」

ランドセルメーカー各社では毎年人気色ランキングが発表されます。それほどランドセルの色は、みんなが興味を持っている証拠でもあります。
ただ、ランドセルを選ぶ時に後悔しない方法の一つに「色」だけでなく「デザイン」も意識するということがあります。

チェリーピンク(赤みがかったピンク色)を購入しました。最初は水色やキラキラした飾り付きの物を欲しがりましたが、親戚の体験(飾りに飽きて、高学年時にもぎ取りたくなったこと)や、高学年時にも恥ずかしくない色が良いと諭し、最終的に親子共々意見が合致したチェリーピンクになりました。
今子供は4年生ですが、チェリーピンクのランドセルには全く飽きていません。とても気に入っています。卒業するまで同じランドセルを大切に使います。
近頃はビックリするような色(白・シルバーなど)のランドセルの子もいますが、この色で特に問題はありませんでした。

(女の子のお母さんの回答)

最近の傾向で、刺繍が入ったものが多くあります。これについては賛否両論ですが、年齢が上がるにつれ、後悔したという意見もちらほら見られます。
また、メンテナンスするという目で見た場合リスクがあるかな(ほつれるなど修復が難しい)と思われます。
色は当人に選ばせて、親はデザインなどで後悔しないように誘導する…という方法が良いのでは?と思います。

焦げ茶色を買いました。
本人が選んだので気に入らないということはありませんでした。
私たちも飽きずに高学年になってもずーっと使ってくれる『色』がよかったので、青、黒、茶色のダーク系がいいなぁと思っていました。

(男の子のお母さんの回答)

ランドセルの色で後悔しないためには、やはり一番は使う当人の納得度です。
冒頭でも書いていますが、自分で選ぶと意外に後悔なく受け入れているようです。
また、自分自身で選んだ場合「納得」が「自信や責任感」につながり、これは精神的な成長でもあるんじゃないかと思うのです。

小学生になろうTOPへ

タイトルとURLをコピーしました