ランドセル ベストな大きさ・重さ

ランドセル選びの悩み

ランドセルの大きさと重さ、気になりますよね。一般的には、軽いランドセルが求められているようですが、実際にはどんな基準で選んだらいいのでしょうか?

ランドセルは軽い方がいいの?

ランドセルの軽さは素材の違い

ランドセルの重さは素材の違いによるものです。そのため軽い方がいいと判断されるなら、クラリーノなどの人工皮革のランドセルを選びましょう。
最近は工房系ランドセルでもどんどん人工皮革を採用していますので、安っぽい印象はありません。
もっともいくら軽い方が良いと言っても、900gを切るようなものは避けたほうがよいでしょう。ある程度の重さがないと、耐久性が保てないのです。

軽いランドセルならナイロン製が良いのでは?

ランドセルの重さの平均は1200g前後が一番多いのですが、ナイロン製のランドセルは700g程度ととても軽いのです。
単純に比較すると軽いだけならナイロン製のリュックが一番となります。でもナイロン製のランドセルは普及していません。これには理由があるのです。
小学生になると通学時にノートと教科書、副教材を持ち運ぶ事になります。それも毎日です。
そんなときランドセルは作りがしっかりしているので、重い教科書やノートを運ぶのに適しているのです。

特にランドセルは、子供の体型に合わせて作られていて、同じ重さの荷物を背負っても重心が高く収まり軽く感じるのです。
その点ナイロン製のリュックは、重い教科書やノートを入れると重心が下がりより重く感じてしまうのです。
そもそも海外の小学生がリュックを背負っているのは、ノートや教科書を持ち運ばないためランドセル型のカバンは必要ないのです。
そんな事もあって、ナイロン製のリュックではなくランドセルが選ばれているのです。

1000g以下のランドセルはありか?

それでも、ランドセルの試着でよろけている我が子を見ると、軽いランドセルがいいなぁと親心は思うものです。そこでどのくらいの重さならいいのか調べてみましょう。
一般的に、革を使ったランドセルは重くなる傾向があります。また、人工皮革(クラリーノなど)を使ったランドセルは比較的軽くなります。実際の重さは革製で1100g1500g、人工皮革製で900g1200gとされています。
では軽いランドセルの方が良いのでしょうか?軽いランドセルの場合、補強など見えないところを省略する事で軽くしているという事情があります。そのため、軽いランドセルは耐久性が低い傾向があるようです。
といっても平均的な1100g辺りであれば問題ないと思われます。逆に1000g以下のランドセルとなると、ちょっと耐久性を疑った方が良いでしょう。

軽い工房系ランドセルってあるの?

重さの問題は素材の違いではあるのですが、やはり革製のランドセルの方が…と言われる方も多いのは事実です。
特に工房系ランドセルの場合、革素材にこだわりがあるので重量が犠牲になっている面はあります。
そんな中、工房系ランドセルメーカーの中でも羽倉(はくら)のランドセルは、革と人工皮革のコンビ遣いで軽量化を試みています。

羽倉の手づくりランドセル【HAKURA】

耐性牛革ウイングチップ

背負いやすさで軽く感じる!

軽さと背負いやすさについて

サイズや重さについては口コミでもよく議論されるのですが、ひとつ大事な事があるのです。それは背負いやすさです。ランドセルは背負って運ぶものですが、この背負い方で重さの感じ方が全く変わるのです。
ランドセルには重さ以外のポイントとして、背負いやすさというポイントがあるのです。当然ランドセルメーカーはその部分に力を入れていて、フィットちゃん、天使のはねなど「背負いやすさ」がブランド名になっています。

二大メーカーのランドセルの軽さ比較してみる

セイバンの天使のはねであれば、肩ベルトに内蔵したはねの形の樹脂素材が肩ベルトを立ち上げ、ランドセルが持ち上がった状態で背中の上部でぴったり密着するので、肩や背中の負担を軽減するという機能があります。また汗をかいても通気性を保つための機能も備えています。

セイバンの天使のはねの効果について

天使のはね セイバン

フィットちゃんであれば、肩ベルトを約25度立ち上げる事で方への負担を半分にしていますし、これに合わせてランドセル本体とつながる背カンの自由度を高める事で背負いやすさまで考えられています。

フィットちゃんの背負いやすさについて

このように各メーカーといっても大手になってしまいますが、重さを機能的に克服することを進めています。

フィットちゃん ラポンテ

機能的な面では、やはり二代メーカーが一歩進んでいるように見えます。軽量であることを基準にランドセルを選ぶとなると、天使のはねとフィットちゃんは外せないでしょう。

A4ファイルサイズは必要か?

ランドセル選びで重さと同時に問題になるのは大きさです。まだ幼稚園に通っている子どもがランドセルを背負うと、どうしてもランドセルが大きく見えてしまいます。それを見ると「コンパクトなランドセルはないか?」と思ってしまうのは親として当然でしょう。
ここ数年はランドセルが大きくなる傾向になっています。それはご存知の通り、教科書や副教材がA4サイズ規格になっているからです。

特に学校からもらってくるプリントはほぼA4と思って間違いありません。なぜなら、パソコンからのプリンター出力が基本A4になっているからです。
そして、そのプリントを挟むバインダーがA4ファイルサイズなのです。
ただ、問題になるのは「だからといってA4ファイルサイズが入らないとダメ?」ということですが、ここは口コミでも色々と議論されています。

フラットファイルを持ち帰るのは学年の最後あたりで、その時には手提げ袋を持っていくので入らなくても何とかなります

一年生の最初からもうA4サイズのプリントを持って帰ってきました。A4ファイルサイズ対応にしといてよかったです。

ただ、この議論に決着をつけるとしたら「大は小を兼ねる」という一言でしょう。これから使われる可能性が高いA4フラットファイルは、入らないより入った方がいいし、むしろものが入らないカバンって後々から存在意義すら疑われます。
問題はA4フラットファイルが入るランドセルは大きく見えるということです。ただこの辺りは実寸としては2cm程度の問題ですから、それほど大きな問題にはならないでしょう。
もし見た目でもコンパクトな方が良いなと思われるのであれば、キューブ型ランドセルを選ぶという方法もあります。


キッズアミのキューブ型ランドセル

ランドセル大きさと重さのまとめ

ランドセルは軽くて、コンパクトが一番と思い込んでいた人も多いかもしれません。でも実際は使い勝手であったり、強度や耐久性の問題などもあって一概に軽くてコンパクトなものが良いとは限りません。ただ、重く感じる事はランドセルの機能性であったり、構造などで克服しつつあると言えるでしょう。

大きさについては、やはり今後A4ファイルを使用することが一般的になるのは、世の中の動きを見ていても間違いありません。ですので、ランドセルはA4ファイル対応を選ぶ事が望ましいでしょう。ただし、学校の設備によってはA4ファイル対応のランドセルが少々大きすぎる場合もあるので、この辺りはご近所の先輩ママさんの意見を聞かれた方がよいでしょう。

ランドセルの大きさと重さをについてまとめて、最後にこれをいうと身もフタもないのですが、子どもは成長します。一年生のとき小さかった子どもも成長します。なので大きさ重さは、ひとときの事だと思ってもらってもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました