モギカバンのランドセル予約販売2019-2020 選び方とポイントは?

最新ニュース

2020年度のモギカバンのランドセル販売スケジュールです!

オンラインでの公開 → 3/28(木)(2020ランドセルラインナップ公開)

予約受付

 直営店は4/6(土)予約受付開始(店頭にて2020ランドセルラインナップ展示)

 オンラインショップは、4/11(木)予約受付開始

モギカバン ランドセル公式サイト

 

モギカバンのランドセル、一昨年は人気に火が付いて公式ホームページで予約開始した直後に売り切れるモデルが出たりしました。昨年は少し落ち着いたようですが、やはり人気のモデルはすぐに完売していたようです。今年は昨年よりも2ヶ月ほど予約開始が早まっており、他のランドセルメーカーと同時スタートとなるようです。

 

モギカバンのランドセルの人気色は基本に忠実

モギカバンのランドセルの人気色はどんなものがあるのでしょう?昨年の統計になるのですが、人気色の一覧はこんな感じでした。

男の子の人気色

1位:黒(青ステッチ)

2位:黒(ゴールドステッチ)

3位:黒(アカステッチ)

女の子の人気色

1位:ピンク・ローズ系

2位:キャメル、バーガンディ

3位:赤

モギカバンランドセルを選ぶ方は、基本に忠実な色をセレクトしている印象があります。これはどちらかと言うと、モギカバンのランドセルに対しての考え方が基本に忠実だからということもあるかと思います。

そしてもうひとつの理由もあって、それは使用する革の素材に関係しているという点です。モギのランドセルは、表面が滑らかなスムース革を使用します。他のメーカーはボルサと言うザラッとした型押し革を使用します。どちらが優れていると言うことはなく手触りの好みのレベルなのですが、実はこの革素材と色目には関係があるのです。

実は、モギが使うスムース革の方が色合いが深く美しく見えるのです。深く美しく見える色合いは、変わった色よりも基本の黒や赤をより際立たせるのです。またランドセルの造りも基本に忠実ですから、基本色だとより凛として見えるのです。

決してモギカバンのランドセルが保守的だから、基本色に人気が集まるわけではないようです。基本に忠実にランドセルをつくったら、やはり基本の色がよく見えるということなのでしょう。

 

人気モデルのラインナップについて

モギカバンのランドセルには、たくみ、ユニバーサル、プラチナ、インペリアル、プリズミックスといったいくつかのシリーズがラインアップされています。中でも人気が高いのはインペリアルシリーズで、予約販売でもまずこのモデルから完売してしまいます。他には、たくみシリーズ、ユニバーサルシリーズなどは色目の種類も豊富に取り揃えています。シリーズを人気順に並べてみると

昨年度の男の子の人気モデル

1位:ユニバーサル

2位:たくみプレステージ

3位:たくみスタンダード

昨年度の女の子の人気モデル

1位:ユニバーサル

2位:プリズミックス(ハート、プリンセス)

3位:プラチナハートハート

となっています。

予約ですぐに売り切れてしまうインペリアルシリーズは、販売数が少ないためか人気モデルの中には入れらていません。販売個数は公表されていませんが、少量生産モデルと考えた方が良いでしょう。

ただしインペリアルシリーズは、学習院初等科(小学校)のランドセルを、長年にわたり製造している大峽製鞄とのコラボモデルで、最上の革素材と最高の職人技をつぎ込んだ、モギカバンのランドセルのラインアップの中でも最高峰の逸品という位置付けです。

そういった面もあるため、モギカバンのランドセルの購入を検討されている方の多くは、インペリアルシリーズを考えていると思われます。

 

モギオリジナル たくみ

 

大きさや重さについて

さてモギカバンのランドセルの重さと大きさについてですが、本革製の場合では1300gぐらいが平均です。たくみシリーズは約1,330g、ユニバーサルシリーズで約1,350gとほぼ平均の重さです。ただしインペリアルシリーズは1,400gです。といってもこちらはちょっと別格ですね。

また、素材にクラリーノを使用したプリズミックスシリーズは約1,200g、プラチナシリーズは約1,200gと平均的な重さです。人工皮革は相対的に軽いものが多いので、他社では1000gといったものもあります。といってもあまりに軽いランドセルは、耐久性に問題がるのである程度の重さが必要です。

また大きさについてですが、モギカバンのランドセルは学習院型のたくみシリーズとキューブ型のユニバーサルがあります。同じ大きさであっても一般的にはキューブ型の方が収納力が高いとされていて、実際にモギカバンの場合も…

たくみシリーズ サイズ:大マチ12.0cm/内寸幅23.5cm/内寸高さ31.5cm

ユニバーサルシリーズ サイズ:大マチ13.0cm/内寸幅24.0cm/内寸高さ31.0cm

と、少々学習院型のたくみシリーズの方が小さいようです。といっても最近標準のA4ファイルサイズ対応のサイズに準拠しています。基本的にモギカバンのランドセルはどのシリーズを選んでも、重さも大きさも他社のランドセルと比べて遜色はないでしょう。

 

モギカバンのランドセル…口コミはどうなの?

モギカバンのランドセルの口コミはそれほど多くないようです。ヤフーの知恵袋でもモギカバンを話題にしたものがそれほど多くなく、あったとしても5年以上前のものだったりしています。そこで、モギカバンのメインである牛革のランドセルについての口コミを当たってみました。

●革は総じて重いものが多くいので、軽いランドセルを探している人はクラリーノなど人工皮革のものを選んだ方がいいです。

●子どもの感覚では、革って良いものかどうか分からないんじゃないかって思うけど、あの香りが好きだっていうので、革にしました。

●傷つきやすいんじゃないかって思うので、クラリーノにしました。

いくつか集めてみましたが、革の良さってなかなか難しいですよね。重いとか傷つきやすいとか、マイナスな印象の口コミが多いような感じです。そこで、モギカバンの中の人の意見もありましたので、ランドセルをつくる側の意見も聞いてみました。

モギカバンのランドセルは、「つや消しスムース」を使用しています。この革は防キズ・防水加工をほどこしたもので、意外に傷つきにくいのです。「スムース革は購入後すぐに傷つくけど、ボルサ革(型押し革)なら目立たないよ」という話をされる方がいるのですが、もちろん型押しボルサ革でもキズはつきます。ただ、ボルサ革はザラッとした表面なので目立たないだけなのです。

スムース革はボルサ革と違って元の革にキズがついていては使えません。そのため厳選しなければなりません。その厳選した素材を丁寧に加工した革を使用したランドセルですから、キズや汚れにもとても強いのだということです。

革がいいのは分かるけど、傷のつきやすいんじゃない?と悩んでいるのであれば、意外に心配ないようですよ。

 

モギカバンのランドセル 予約する場合のポイント

現在モギカバンのランドセルを購入したいと思う方は、まずは予約するための準備が必要です。モギカバンのランドセルは、2017年は8月に予約で完売した実績がありますので、まずは予約開始の情報を掴む必要があります。

2017年のモギカバンのランドセルの予約開始は61日でした。2019年分の予約はまだアナウンスされていませんが、同じように2018年の6月からになるのではないかと予想されます。ラン活なる言葉も生まれ、ランドセルの予約販売は年々早くなってきている中、昨年より遅くなる事はあまり考えられないでしょう。

また昨年と同じ動きがあるとしたら、プレ予約が可能になると思われますが、まだその情報もアナウンスされていません。ただし、同じ動きがある可能性は高いと思われます。

これらの昨年実績から、予約開始の予測を立てると5月中頃からプレ予約が始まり、そして予約開始は同じく6月頃ではないかと想定できます。

 

昨年のプレ予約ができなかったランドセル

昨年短い期間でしたがプレ予約という、仮の予約ができるタイミングがありました。このプレ予約の際に場外されたランドセルがありました。

●たくみコードバン:全色

●たくみプレステージ牛革スムース:紺(糸=赤)

●インペリアルプレステージ:黒、ブラウン

●インペリアルスタンダード:バーガンディ、赤

●ユニバーサル牛革スムース:全色

●ユニバーサルプレミアム:黒(糸=赤)

これらのモデルはプレ予約できなかったランドセルです。また、逆に言えばこれらのモデルに人気が集中するということでもあります。もしモギカバンでランドセルを購入する予定であれば、予約開始時にあまり悩む時間はないかもしれません。

まだ20181月の段階ですので、いずれも予測でしかありません。新しい情報が入り次第順次更新していこうと思ってます

 

2019カタログ資料請求は2月1日から公式サイトで受付開始!

モギカバン ランドセル公式サイト

 

 

タイトルとURLをコピーしました